Frequently Asked Questionsよくあるご質問

ととのえのご利用者様からいただくよくあるご質問とその答えをまとめました。

よくあるご質問

よくあるご質問 - 酸素カプセル –

  • Q

    高気圧酸素カプセルの効果はどのくらい持続しますか?

    A

    個人差はあるものの、血中酸素濃度は48時間(2日間)~72時間程度(3日間)は高まっていると言われています。

  • Q

    副作用はありませんか?

    A

    自然な大気中の空気のみを使用しているため、酸素中毒や活性酸素が増えるなどの心配はありません。
    ただし、利用には中耳の内圧を外部の気圧と平均させる「耳抜き」行為が必要になり、うまく「耳抜きができない場合、一時的に違和感や痛みが残る場合があります。

  • Q

    どのくらいの頻度で使用すればいいですか?

    A

    一般の方であれば、週2~3回のペースで入られると体質改善の効果が期待できます。
    継続して利用することで「冷え性の改善」「足のむくみ改善」「関節や筋肉・人体の痛みの軽減」につながります。
    疲労度が強い場合や、強度のトレーニングを行う方であれば、毎日使用しても問題はありません。

  • Q

    水泳やマラソンなどの大切な試合前に利用する場合、どのような頻度で入ればよいですか?

    A

    試合の2ヶ月~3週間前位前から、週に2~3度の利用をお勧めします。

  • Q

    カプセルの中で寝てしまっても大丈夫ですか?

    A

    酸素が全身(特に脳)に行きわたることで、ほとんどの方が眠ってしまいます。
    また眠っていただくことで、リラックス効果と酸素カプセルの相乗効果が最も期待できます。

  • Q

    毎日入っても体に害はありませんか?

    A

    毎日のご利用で問題はありません。ただし、長時間(3時間以上)の利用は推奨しません。
    アスリートは自宅に酸素カプセルを設置して、疲労回復・障害予防の目的でほぼ毎日、トレーニングと併用してカプセルを使用されています。

  • Q

    カプセルの中で携帯電話は使用できますか?

    A

    ご利用は可能です。
    ※防水用など密閉性の高い機種は素材により変形の恐れもありますので、お客様の自己責任でご使用ください。

  • Q

    途中でトイレに行きたくなった場合など、すぐ外へ出られますか?

    A

    酸素カプセルの使用時は扉は開かない構造になっています。
    まず、カプセル内のインターフォンボタンで係の方を呼ぶと対応してくれます。
    強制的に減圧することで、1~3分弱程度で外に出ることができます。

  • Q

    生理でも利用可能でしょうか?

    A

    利用可能ですが、一時的に出血が多くなることがあります。

  • Q

    子供の利用は可能ですか?

    A

    使用に関する説明(耳抜き等)が理解でき、内部で安静にできることが条件となります。
    最初にお子様と一緒に「添い寝」する形で利用されるケースも多く、その方が安心感もあります。

  • Q

    病院で行っている高圧酸素治療と同じ効果ですか?

    A

    基本的には同じ考え方ですが、医療行為である「高気圧酸素治療」は医師の管理下で行われ、保険が適応されます。
    適応される主な疾患は救急的なものが多く、また高額な費用もかかります。
    その点、健康機器である酸素カプセルは期待される効果は「高圧酸素療法」よりは低くはなりますが、安全で手軽にその効果が期待できます。

  • Q

    服を着たまま入るのでしょうか?

    A

    普段着で問題はございません。

  • Q

    汗はかくのでしょうか?冬は寒くありませんか?

    A

    血液の循環が亢進したい社が良くなりますので、体感は温かく。ただし、エアコンが装備されており、カプセル内部の温度と湿度の管理を行っています。
    また、冬場は足元に温熱マットや電気毛布を使用し寒くありません

  • Q

    万一故障などで閉じ込められたり、酸欠等にならないのでしょうか?

    A

    カプセルの扉は停電時でも手動で開閉が可能となりますので、閉じ込められる心配はありません。

  • Q

    カプセル内で飲食はできますか?

    A

    飲食はご遠慮いただいております。